ここから本文です

シャープ公式Twitterの中の人がボーナスを公表 「何カ月分だったか」を計算した結果リアルな数字に

6/10(土) 21:08配信

ねとらぼ

 シャープ公式Twitterの中の人が、支給されたボーナスの額が「何カ月分だったか」を公表しています。なんて大胆な……!

【その他の画像】

 中の人は今年の3月、シャープの戴正呉社長が記者会見にて、平成29年(2017年)度のボーナス(年間一時金)を業績への貢献に応じて「1カ月~8カ月分」とすることを発表した際に「わかり次第、公表しますね」と約束するツイートを投稿。そして6月9日、自社の電卓で実際に計算した結果「2.69カ月分」だったことを公表しました。

 全社平均が何カ月分かは分かりませんが、公式Twitterアカウントでの活動はどう評価されているのでしょうか……?

 公表後には「夢があるのかないのか、景気がいいのか悪いのか、なんともよくわからない世の中ですが、あるだけマシというしょっぱい空気が、ここ数年の私にはしっくりきます」と内心をツイート。これにTwitterでは「もらえるだけマシ」とした部分に共感する声が。

 ちなみにシャープの中の人はボーナスの公表後間もなく、流行のパワーワード画像「5000兆円欲しい!」を投稿。この一連のツイートを見ていたタニタ公式Twitterに「シャープさんロックだなあ」と当日のロックの日(6月9日)にかけてコメントされる事態になっていました。

最終更新:6/10(土) 21:08
ねとらぼ