ここから本文です

℃―ute矢島舞美 最後のステージは「史上最高」をお届けします

6/10(土) 16:46配信

東スポWeb

【6・12さいたまスーパーアリーナ解散コンサート・℃―ute「LastDan℃e」(最終回)】ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「℃―ute」(矢島舞美=25、中島早貴=23、鈴木愛理=23、岡井千聖=22、萩原舞=21)の解散直前の心境をリレー形式でつづる連載「Last Dan℃e(ラストダンス)」最終回は矢島から、解散後は芸能界を引退する萩原へメッセージを贈り、最後は解散コンサートへの意気込みを語る。

【矢島から萩原へ】舞は本当によく頑張ったと思う。

 ハロプロに入ってきたのも幼稚園みたいなころからだった。私が小学校4年生ぐらいまでの家族旅行の思い出話をしても、舞にはそういう思い出があまりなかったりとか。舞はもうお仕事をしていたから、本当に家族の時間も私以上になかったと思う。舞もずっと自分に自信が持てないことが悩みで、そういう中でグループ活動を続けるってすごく苦しかっただろうって。私もリーダーとして自信を持てずにずっとずっと苦しかった。

 その中で舞は諦めずに℃―uteとしての夢を最後まで一緒に追い続けてくれた。舞が「辞めたい」と思った時、その選択をしなかったのは多分、みんなのことを考えてくれたんだと。「私が辞めたらみんなの夢を潰してしまう」と。自分の気持ちを押し殺して頑張ってくれた。解散後は、舞のやりたいことを全部やってほしい。すごくそう思ってる。自分に自信が持てることを見つけて、楽しんでやってほしいと思ってます。

 ここ最近の私は一人、ふわっとしてる。「自分、大丈夫かな」って。みんながMCで泣いてても、自分の気持ちが分からない。自分って何?というか、もちろん悲しい気持ちもあるんだけど、ファンの人たちが泣いているのも見ると、いろいろと大きすぎて。どうなんだろう? 自分でもびっくりしてます。こんな気持ちになるんだと。大事なものがなくなる時ってこういう感じになるんだと。

 いい思い出は武道館が決まった時と、それに向けていろいろと話し合っている時。最高にいい思い出だった。「℃―uteって無敵じゃん!」って。逆に武道館終わった時は、抜け殻って感じ。本当に武道館のことしか考えてなかったので目標がなくなった。このまま続けてても、意味ないよね?ぐらいでした。それで「夢って持ち続けないと人って輝けないよね」ってメンバーで話してました。それで次々と目標を決めてきたんです。

 さいたまスーパーアリーナでの解散コンサート終了後は本当に抜け殻になると思います。ここが本当にゴールだったんだと。そのことを想像するだけで、泣きそうなことがあったから、ステージに立った瞬間に泣くのかな? でも実際に立ってみないと分からない。ここ最近は予想外の連続だから。

 でもメンバーと決めてます。「涙は最後に取っておこうね」と。もし泣いちゃったら、自分たちも悔いが残っちゃう。泣いたら、何も届けられない。最後に何も届けられなくて終わっちゃうのは悔いが残るから。

 解散コンサートは史上最高の℃―uteを届けます!

☆キュート=2005年6月11日に7人組グループとして結成。その後、1人加入し、8人組になるも、09年10月に現在の5人組の形となる。メジャーデビューは07年。6月12日の解散コンサート「℃―ute ラストコンサート in さいたまスーパーアリーナ ~Thank you team ℃―ute~」を全国の映画館や香港、台湾でライブビューイング開催(詳しくは公式ホームページで)。またBSスカパー!でも生放送される。

最終更新:6/10(土) 16:46
東スポWeb