ここから本文です

中日・助っ人アベック弾で初黒星 8回に柳と伊藤が踏ん張れず

6/10(土) 18:55配信

東スポWeb

 中日の“助っ人アベック不敗神話”が崩壊した。10日のオリックス戦(京セラドーム)で、ここまで4勝負けなしだったビシエド、ゲレーロのアベック弾が飛び出しながら、3―5と逆転負けを喫して連敗が3となった。

 竜党の誰もが勝利を確信したのは7回だ。ここまで相手先発・松葉の前に2安打に封じられていたが、一死からビシエドが右中間へ11号ソロ、続くゲレーロが右翼へ17号ソロを連発して同点。さらに藤井の二塁打などで二死三塁とすると亀沢の適時打で逆転に成功した。

 プロ入り2度目の先発となったドラフト1位ルーキー・柳は7回まで4安打2失点と力投し、8回もマウンドへ。ところが先頭の代打・西野に二塁打を許し、続くマレーロに四球を与えてしまう。犠打で一死二、三塁としたところで伊藤にバトンを渡すが、その伊藤が中島に右翼線を破る、逆転の2点二塁打を浴びた。

 プロ初勝利目前から一転、負け投手となった柳は「継投もあったのに、8回をいかせてもらったからには投げ切りたかった。ピンチを作ったのは自分なので、何もないです」と反省しきり。柳について森監督は「何もない。(8回の)あそこがうまくいけばすんなりいくけど、そうじゃないから難しいんじゃないの」と渋い表情でバスに乗り込んだ。

 アベック弾今季5度目にして初の敗戦に、ビシエドが「野球とはそういうものだよ」と言えば、ゲレーロも「本当に残念だ。今日は終わったから、また明日」と必死に前を向くが、両助っ人のショックはありありだった。

最終更新:6/10(土) 18:55
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 8:15