ここから本文です

先端の技、小宇宙に魅せられて 近江に流れる悠久の時間

6/10(土) 15:19配信

朝日新聞デジタル

 6月10日は「時の記念日」。天智天皇が671年に大津の都に漏刻(ろうこく、水時計)を設け、鐘鼓(しょうこ)を鳴らして時を知らせたとの故事に由来する。天智天皇をまつる大津市の近江神宮では、漏刻祭が行われ、時計修理の腕を磨く若者や和時計の研究者らが集う。

【写真】壊れた腕時計の修理を学ぶ学生たち。肉眼では見えないほどの小さな部品を扱う=大津市


■時紀行:時の記念日 6月10日

 掛け時計や腕時計を手にした4人の采女(うねめ)が、神前へと進む。

 天智天皇をまつる近江神宮(大津市神宮町)で、毎年6月10日の「時の記念日」に行われる漏刻(ろうこく)祭。時計メーカーの関係者ら約300人が見守る中、今年も最新の時計が奉納された。

 時の記念日が定められたのは、1920年。時間を正確に守り、生活の合理化を図ろうと、官民でつくる「生活改善同盟会」などが呼びかけた。当時の東京市の寺や教会では一斉に鐘が鳴らされ、繁華街で時間の大切さなどを訴えるビラが配られたという。

 なぜ、この日が選ばれたのか。

 話は、大津に都があった天智天皇の時代にさかのぼる。

 日本書紀の記述によると、天智天皇は、天智10(671)年4月25日に「漏剋(ろうこく)」(漏刻)と呼ばれる水時計で時間をはかり、鐘鼓(しょうこ)を打って時を告げたという。この日付を太陽暦に換算すると、6月10日になるというわけだ。

 祭は近江神宮の創建翌年の1941年から続く。朱塗りの楼門を抜けた境内にはメーカーなどが寄贈した漏刻や火時計、日時計が並ぶ。禰宜(ねぎ)の岩崎謙治さん(59)は言う。「時は、世界の全ての人に平等に与えられる宝。時の流れを思い、その中で生きる人間の姿を見つめ直す機会にしてほしい」

朝日新聞社