ここから本文です

阪神・糸原が先制の2点適時二塁打 先発の青柳を援護

6/10(土) 14:45配信

デイリースポーツ

 「交流戦、ソフトバンク-阪神」(10日、ヤフオクドーム)

 阪神のドラフト5位・糸原健斗内野手が、先制の2点適時二塁打を放った。

 0-0の二回、ソフトバンク先発・松本裕から3つの四球で1死満塁の好機を作ると、ルーキーに打席が回った。

 カウント2-2からの5球目。内角の直球をコンパクトに振り抜いた打球は右翼線へ。走者2人が生還し、糸原は二塁へ到達。パーンと手をたたき、両手の拳を握り、上へ突き上げた。

 さらに阪神はこの回、2死二、三塁から1番の上本が三塁線を破る2点適時二塁打を放ち、リードを4点に広げた。

 糸原は「チャンスだったので、なんとか食らいついていく気持ちで打ち返しました。先に点を取れるようにと思っていたので、しっかり結果を出すことができてよかったです」と振り返った。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 20:05