ここから本文です

“野菜芸人”土肥ポン太が吉本新喜劇の福田多希子と結婚! プロポーズはタマネギ畑で

6/10(土) 5:04配信

スポーツ報知

 野菜畑の経営者としての顔も持つピン芸人・土肥ポン太(46)が9日、大阪・なんばの吉本興業本社で会見し、吉本新喜劇座員・福田多希子(32)と結婚したことを報告した。8日に大阪府下の役所に婚姻届を提出。福田は結婚を機に新喜劇を退団する。

 お相手の福田は、2012年に新喜劇に入団するまで吉本のアイドルユニット「つぼみ」のメンバーだった。ポン太は「当時からカワイイと思っていたけど、(事務所の)後輩に手を出すわけには…」と尻込みしていたが、昨年、ラジオ番組共演をきっかけに自身が経営する畑にアルバイトとして雇い、交際に発展。「臭い肥料を運ぶのも嫌な顔ひとつせず、なんていい子なんやと思った」と明かした。

 福田が体調不良で新喜劇を休み自宅療養していた際には、何度となく見舞いに訪れ「愛が深まりました」。プロポーズはタマネギ畑での作業中で「僕が野菜なら君は肥料。枯らさんように、そばにおってくれるか」と求愛したという。「ビックリしてたけど、畑でプロポーズすると決めていたんです」と笑顔をみせた。

 春から同居しており「ポンちゃん」「タッキー」と呼び合っているとか。福田は妊娠していないが、ポン太は「子供は頑張って5人ぐらいほしい。家族でいつか畑作業をしたいと夢を語っています。浮気? 絶対しません」。本業のお笑いへの注力については、新喜劇座長の同期・小籔千豊(43)の名を上げ「小籔をいつか追い抜いてやろうという気持ちでいっぱい。今はだいぶ先を走られているけど」と話した。

最終更新:6/10(土) 5:04
スポーツ報知