ここから本文です

新興サイト、スクープ連打=パリ協定離脱も的中―米

6/10(土) 15:22配信

時事通信

 【ワシントン時事】1月に開業した米インターネットメディア「アクシオス(Axios)」がトランプ政権に関するスクープを連打している。

 地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」からの離脱も「トランプ大統領が決断した」と発表前に報じ、国内外の報道機関を出し抜いた。

 アクシオスは政治専門紙ポリティコの共同創業者ジム・バンデハイ氏が有力紙で活躍した敏腕記者を集めて設立。シンプルなサイトで「信頼できるニュースと分析を届ける」ことがモットーだ。既存の報道機関を「記事が長過ぎて退屈。読者を見出しでだましている」とこき下ろす。

 3月には、トランプ氏と習近平・中国国家主席の初会談が4月に行われることをスクープ。トランプ政権内での権力闘争も詳細に報じてきた。

 パリ協定をめぐる取材合戦では、トランプ氏が先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)前に「離脱の意向を示していた」と5月下旬に伝え、「決断」報道まで独走した。

 現在は広告収入を元に記事を無料公開しているが、バンデハイ氏は年1万ドル(約110万円)以上の有料サービスも視野に入れている。 

最終更新:6/10(土) 20:35
時事通信