ここから本文です

9連敗中のヤクルト、六回に勝ち越しを許す 2番手の石山が2点奪われる

6/10(土) 16:38配信

デイリースポーツ

 「交流戦、ロッテ-ヤクルト」(10日、ZOZOマリンスタジアム)

 9連敗中のヤクルトが1-1と同点の六回、2点を勝ち越された。

 2番手の石山が1死二塁のピンチを招くと、9番の田村に右中間への適時三塁打を浴び、1点を勝ち越された。さらに1番のサントスには右前への適時打を許し、2点目。

 ここで真中監督は3番手の近藤へスイッチした。

 ヤクルトは1点を追う五回、1死一、三塁から西田の中犠飛で同点に追いついていた。