ここから本文です

日本がルーマニアに快勝 2年ぶり代表のリーチがトライ

6/10(土) 16:57配信

デイリースポーツ

 「ラグビー・日本33-21ルーマニア」(10日、えがお健康スタジアム)

 世界ランキング11位の日本は、同16位のルーマニアとテストマッチを行い、3トライを挙げて快勝した。

 19年W杯1次リーグで対戦する可能性のあるルーマニアに対して、2本のPGで0-6とリードを許した日本は前半12分、WTB山田がトライ、ゴールも決めて、7-6と逆転に成功した。

 この後、SO小倉(NTTコミュニケーションズ)が3つのPGを決めるなどして、16-9とリードを広げると、前半37分には左への展開から、飛ばしパスからWTB福岡(パナソニック)が左隅にトライを決め(ゴールも成功)、23-9で折り返した。

 波に乗る日本は後半1分、2年ぶりに日本代表に復帰したフランカーのリーチ(東芝)が、相手ディフェンスを破って独走、そのままポスト下へ飛び込んだ。SO小倉のゴールも決まり、33-9とした。

 日本は、シンビンのよる一時退場で1人少なくなった後半15分、ルーマニアに1トライを許したものの、終始、試合を優位に進めた。

 久しぶりの代表でのプレーとなったリーチは「今の段階で勝ったのはうれしいですけど、本番には違うチームになっているので」とまずは表情を引き締めた。自身のトライについては「代表のジャージを着て、トライを取れてよかった。すごく楽しかった」と笑顔を見せた。熊本での試合には「去年、地震があって。きょうの試合で、みんなに力を与えられたと思います」と、会心のゲーム運びに胸を張っていた。

 ルーマニアとの対戦成績は、これで日本の4勝1敗となった。