ここから本文です

上戸彩、斎藤工の称賛に涙「テーマがテーマなので背負うものはたくさんありました」…映画「昼顔」初日あいさつ

6/10(土) 12:31配信

スポーツ報知

 女優の上戸彩(31)、俳優の斎藤工(35)が10日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで映画「昼顔」(西谷弘監督)の初日舞台あいさつを行った。

 不倫愛をテーマに14年7~9月にフジテレビ系で放送された連続ドラマの映画版。連ドラの最終話で周囲に別れさせられた主婦と教師が3年後に再会し、再び道ならぬ恋に落ちる。

 斎藤が「上戸さんが(主人公の)紗和として十字架を背負ってこの作品がなりたってる。一番大変な立場でこの作品を背負ってるのに、スタッフに声をかけたり、この人のエネルギーはすごい。同じ船をみんなでこいで、ここまでたどり着けて良かった」と上戸をたたえると、上戸は思わず涙。しばらく泣きやむことができず「絶対いい記事じゃない時にこの顔(泣き顔)を使うんだよね」と冗談を交えつつ「テーマがテーマなので背負うものはたくさんありました。私も仕事を通じて疑似体験をさせてもらって、不倫というテーマに対して毎日考えさせられた。紗和とお別れするのも寂しいし、(作品が)独り立ちしてくれるのもうれしい。最高の現場だった。昼顔との出会いは幸せでした」と感無量の様子で振り返っていた。

最終更新:6/10(土) 13:05
スポーツ報知