ここから本文です

楽天がセ・パ首位対決制す ペゲーロが八回に決勝打

6/10(土) 17:43配信

デイリースポーツ

 「交流戦、楽天2-1広島」(10日、Koboパーク宮城)

 楽天が競り勝ち、セ・パ首位対決3連戦となったこのカード1勝1敗のタイとした。

 1点を追う五回、アマダーの今季7号となる左越えソロで同点とすると、八回1死一塁からペゲーロの適時二塁打で勝ち越した。

 先発の美馬は8回1失点の好投で7勝目(1敗)を挙げた。

 広島は、先発の野村が7回1/3を2失点の好投も打線の援護に恵まれず、2敗目(3勝)。

 決勝打のペゲーロは八回の安打について「「チームにとっても自分にとっても良いヒットになった」と笑顔。

 美馬は「八回まで投げられて良かった。イメージ通りに全力で投げることができた。(自身初の2桁勝利まで)しっかり1試合1試合投げていきたい」と話していた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 3:50