ここから本文です

【阪神新馬戦】ダイワメジャー産駒アマルフィコーストが逃げて快勝

6/10(土) 14:02配信

スポーツ報知

 10日の阪神5Rの2歳新馬(芝1400メートル、12頭立て)は、2番人気のアマルフィコースト(牝、栗東・牧田和弥厩舎、父ダイワメジャー)が逃げ切ってデビューVを飾った。勝ちタイムは1分22秒1。

 スタートを決め、馬なりで徐々にポジションを上げてハナへ。道中は終始、外から競られる展開になったが、4コーナーで鞍上が軽くゴーサインを出すと、楽な手応えのまま後続との差を広げた。直線半ばでセーフティーリードを築くと、ゴール前は流して、2着に1馬身3/4差をつけた。

 父譲りのスピードの持続力をいかんなく発揮した相棒に、手綱を執った浜中騎手は「調教通り、反応のいいところを競馬でも見せてくれました。最後も余裕がありましたし、センスの高さを感じます。これからが楽しみな馬だと思います」と会心の笑みを浮かべていた。

最終更新:6/10(土) 14:02
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ