ここから本文です

“大阪第3のクラブ”FC大阪“鬼門”の九州で初勝利

6/10(土) 18:51配信

デイリースポーツ

 「JFL、ヴェルスパ大分1-2FC大阪」(10日、だいぎんサッカー・ラグビー場A)

 サッカーJFLの第1ステージ第13節が開催され、大阪から3番目のJリーグ入りを目指すFC大阪はアウェーでヴェルスパ大分と対戦し、1-2で勝利を飾った。

 2014年のJFL参戦後、九州での試合は4敗1分けと相性が良くないFC大阪だったが、試合開始3分、CKでMF高橋が入れたボールをMF田中が頭で合わせ、幸先よく先制する。追加点を狙うが、気温31・6度という暑さという中でなかなか相手ゴールをこじ開けることができず、前半は1-0で終えた。

 後半12分、FC大阪・高橋が出したボールはMF川西に。そして川西からMF須ノ又へ渡ると、最後はFW木匠が4試合ぶりとなるゴールを決めて2-0とする。38分、ヴェルスパ大分のFW栫に1点を返されるが、最後は逃げ切り、2-1でFC大阪が勝利。JFL参戦後、九州での初勝利をあげた。

 FC大阪は勝ち点26で暫定3位。暫定首位のソニー仙台FCとは勝ち点4差となっている。次戦は18日にホームのヤンマースタジアム長居でラインメール青森FCと対戦する。