ここから本文です

高飛び込みは三上が優勝=飛び込み室内選手権

6/10(土) 19:49配信

時事通信

 飛び込みの日本室内選手権第2日は10日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子高飛び込みは16歳の三上紗也可(米子ク)が318.70点で優勝した。7月の世界選手権(ブダペスト)代表の佐々木那奈(JSS宝塚)は0.70点差の2位。リオデジャネイロ五輪8位の板橋美波(同)はけがのため棄権した。

 男子3メートル板飛び込みは五輪5大会出場の寺内健(ミキハウス)が436.85点で優勝。世界選手権代表に決まっている坂井丞(同)は体調不良で棄権した。 

最終更新:6/10(土) 19:54
時事通信