ここから本文です

広島・野間、4盗塁目「いいスタートが切れた」

6/10(土) 20:07配信

デイリースポーツ

 「交流戦、楽天2-1広島」(10日、Koboパーク宮城)

 広島の野間峻祥外野手が今季4盗塁目を決めた。

 1-1の八回1死一塁で、松山の代走として出場。西川の打席で、カウント1ボール1ストライクから、捕手・嶋が盗塁を阻止するために立ち上がって捕球したものの、それより先に二塁へ滑り込んだ。「しっかりとタイミングが計れて、良いスタートが切れた」。失敗が許されない状況で勇気を持ってスタートを切り、成功を勝ち取った。

 この日は黒星を喫したが、野間の俊足は、チームにとって何にも変えられない大きな武器だ。