ここから本文です

国内初9秒台の多田修平、表示を思わず2度見「間違いちゃうかと」

6/10(土) 22:17配信

デイリースポーツ

 「陸上・日本学生個人選手権」(10日、BMW平塚スタジアム)

 男子100メートルが行われ、準決勝で多田修平(20)=関学大=が、追い風4・5メートルの参考記録ながら、電気計時では国内レース初の日本人9秒台となる9秒94をマークした。追い風参考条件での9秒台は、桐生祥秀(東洋大)の9秒87、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)の9秒98に続く3人目。

 多田は決勝では公認条件で、日本歴代7位タイとなる10秒08(追い風1・9メートル)で優勝。世界選手権の参加標準記録(10秒12)を突破し、代表入りに名乗りを挙げた。

 準決勝、多田はゴールを過ぎた後、タイムを横目でチラリと見ると、予想だにしなかった数字に、思わず2度見した。「ビックリした。間違いちゃうかと」。国内日本人初の“偉業”をしっかり確認した後、力強く拳を握った。3時間後の決勝では公認条件で日本歴代7位の10秒08をマーク。確かな実力を証明してみせた。

 関西学生陸上界の誇るイケメンスプリンターが一気にブレークを果たした1日となった。“9秒台”のニュースが配信されると、ネット上ではその名が急激に広まった。「話題のツイッター」では、「多田修平」が1位まで浮上。全国レベルに名を売った20歳は「ほんとですか?うれしいです」と、端正なマスクを緩ませた。

 これで世界選手権の参加標準記録を突破。23日に開幕する日本選手権(長居)では、リオデジャネイロ五輪400メートルリレー銀メダルメンバーの桐生、山県、ケンブリッジと代表枠は最大で3を巡って争う。「目標は表彰台。自信はある。勝ちにいきたい」。はにかみながら、力強く、挑戦状を叩きつけた。