ここから本文です

KinKi Kids、20周年第3弾新曲は久保田利伸と14年ぶりタッグ

6/11(日) 6:03配信

スポーツ報知

 7月21日にCDデビュー20周年を迎える人気デュオ・KinKi Kidsが、同12日に自身38枚目で20周年イヤー第3弾となる新曲「The Red Light」を発売することが10日、発表された。作詞作曲は久保田利伸(54)が手掛けた。堂本光一(38)は節目を迎える思いをかみ締めながら「集大成というより、新たな一面を出せた楽曲」と次なる一歩を見据えた。

 久保田とは「永遠のBLOODS」(03年)のカップリング「Funky Party」以来14年ぶりのタッグとなる。山下達郎(64)が手がけたデビュー曲「硝子の少年」など、これまで数々のアーティストから楽曲提供を受けた。今作について「こんな楽曲を歌ってほしい。作曲中に2人の歌っている姿が見えた」と久保田。2人に経験のないソウル感あふれる一曲となり、堂本剛(38)は「本当に本当に気に入っている曲。こういう新たなチャレンジをしていける喜びを、またいただけたこと、幸せに感じる」と声を弾ませた。

 20周年に向け、新曲をきっかけに怒とうの10日間が始まる。シングルと同日には、年始に行った京セラD大阪公演のライブDVDも発売。20周年記念日前日の20日には、デビュー前の94年10月から放送が続く文化放送「KinKi Kids どんなもんヤ!」が特番として放送されることも発表された。午後10時から3時間生放送。ラジオを通して、ファンと共に特別な瞬間を迎える。

 すでにKinKi2人の主演ドラマ「ぼくらの勇気~未満都市」(日テレ系)が20年ぶりに復活(今夏放送)、フジテレビ系音楽バラエティー「LOVE LOVE あいしてる」がデビュー日に16年ぶりに復活することも決定。7月15、16日には17年ぶりの横浜スタジアム公演を開催。特別なイベントが続く。

 昨年末にはNHK紅白歌合戦に初出場した。堂本剛は「さまざまな縁をいただき、ここまで活動させていただいた。感謝の思いでいっぱい」と20周年への思い。他に例を見ない規模でメモリアルイヤーのフィナーレを迎える。

最終更新:6/11(日) 8:07
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ