ここから本文です

【浦和】済州戦の乱闘騒動処分巡りAFCに質問…2万ドル罰金根拠は?

6/11(日) 7:03配信

スポーツ報知

 アジア・サッカー連盟(AFC)が5月31日のACL決勝トーナメント1回戦第2戦の浦和―済州(韓国)戦での乱闘騒動で、済州に罰金4万ドル(約440万円)と3選手に最大6か月の出場停止、浦和に2万ドル(約220万円)の罰金を科したことについて10日、浦和がAFCに処分対象の詳細を問い合わせていることが分かった。

 チーム関係者が小競り合いに加わったことと試合価値を落としたことで処分されたが、規定には選手を助ける目的での加担は除外されるという文言もあり、どの行為が対象になるのかなどを質問しているという。

最終更新:6/11(日) 7:03
スポーツ報知