ここから本文です

春季高校野球東北大会 第2日 きょう4強懸け県勢対決

6/10(土) 10:20配信

福島民報

 第64回春季東北地区高校野球大会第2日は9日、宮城県の仙台市民球場と石巻市民球場で2回戦6試合を行った。本県第2代表のいわき光洋は久慈(岩手第2代表)に8-1で七回コールド勝ちを収め、初めて東北8強に名乗りを上げた。本県第3代表の東日大昌平は日大山形(山形第1代表)を3-0で破った。東日本大震災の影響で中止となった平成23年の大会を挟み7年ぶり2度目の8強入りで、東北大会で初めての2連勝。 
 本県第1代表の聖光学院は仙台育英(宮城第3代表)に1-3で敗れ、姿を消した。 
 いわき光洋、東日大昌平は準決勝進出を懸けて10日午前10時から石巻市民球場で直接対決する。 
 大会には東北6県の18校が出場し、12日までトーナメントを繰り広げる。 

福島民報社

最終更新:6/10(土) 10:44
福島民報