ここから本文です

永山絢斗×大森南朋のテレ東ドラマ『居酒屋ふじ』 主題歌は斉藤和義の新曲

6/10(土) 14:22配信

CINRA.NET

7月8日からテレビ東京系で放送される連続ドラマ『居酒屋ふじ』の主題歌が発表された。

【もっと画像を見る(13枚)】

同作は、東京・中目黒に実在する居酒屋「ふじ」の店主の半生を描いた同名小説をもとにした作品。売れない俳優の西尾栄一が、有名人のサイン色紙で壁が埋め尽くされている居酒屋「ふじ」を訪れ、常連客の大森南朋や先輩俳優らと触れ合いながら、成長していく様を描く。西尾役を永山絢斗が演じ、大森南朋が本人役で出演する。

主題歌は斉藤和義による書き下ろしの楽曲“I'm a Dreamer”。自身もデビュー前に東京・吉祥寺の居酒屋に通っていたという斉藤は、「主人公の西尾のくすぶってる頃の心境っていうのは、自分が23~24歳のデビュー前の頃のどこにも決まらずウズウズしている感じとすごい似ていると思ったんです」「シチュエーションは違うけど心境はすごいシンクロするところがあったから、その頃を思い出しながらメロディも歌詞も結構スムーズに出来ました」と明かしている。

また大森南朋は「すごく好きです、今回の曲も。早くこの音楽がかかった本編を見てみたいです」とコメント。エンディングテーマには大森がボーカルを務めるバンド・月に吠える。の楽曲“夜の雲”が起用されている。

なお同作には篠原涼子、大杉漣、水川あさみ、椎名桔平がゲスト出演。4人は本人役で出演する。

■斉藤和義のコメント
主人公の西尾のくすぶってる頃の心境っていうのは、自分が23~24歳のデビュー前の頃のどこにも決まらずウズウズしている感じとすごい似ていると思ったんです。当時、俺も吉祥寺の居酒屋によく行っていたから。そこのおばちゃんはすごい飲んだくれで、ダメ人間で。だからこそ、行くとホッとできたというか。シチュエーションは違うけど心境はすごいシンクロするところがあったから、その頃を思い出しながらメロディも歌詞も結構スムーズに出来ました。あと、「居酒屋ふじ」の雰囲気とか、豪快なオヤジさんも栃木県出身だし親近感もわきました。

■大森南朋のコメント
出来上がった曲を聞かせていただきましたが、和義さん節というか…どんな感じでくるのか、全くイメージしていませんでした。こうきたか、と。すごく好きです、今回の曲も。早くこの音楽がかかった本編を見てみたいです。和義さんと「ふじ」には一緒に行ったことはないのですが、不思議な縁がありまして。何度かお仕事をご一緒させていただきましたが、また、ご一緒できて嬉しいです。何より一方的にファンだったので、ただただ嬉しいです。

CINRA.NET

最終更新:6/10(土) 14:22
CINRA.NET