ここから本文です

ワウリンカ 死闘制し全仏OP2年ぶりの決勝進出、王者マレー破る<男子テニス>

6/10(土) 0:38配信

tennis365.net

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は9日、男子シングルス準決勝が行われ、第3シードのS・ワウリンカ(スイス)が第1シードのA・マレー(英国)との死闘を6-7 (6-8), 6-3, 5-7, 7-6 (7-3), 6-1のフルセットで制し、2年ぶり2度目の決勝進出を果たした。

【ナダルvsティーム 1ポイント速報】

第1セット、2015年覇者のワウリンカは第9ゲームでサービング・フォー・ザ・セットを迎えたが、土壇場でブレークバックを許した。タイブレークではセットポイントを握るも、マレーに芸術的なロブを決められるなどでこのセットを落とす。

その後、「レッツゴー!」と叫ぶマレーから第2セットを奪い、セットカウント1-1に追いついた。第3セットは序盤で3ゲームを連取したが、マレーの驚異的な鉄壁守備に屈してミスを犯し、第11・第12ゲームを連取された。

第4セットは両者1度もブレークを許さずタイブレークへ突入し、観客を味方につけたワウリンカがこのセットを取る。ファイナルセットは第1ゲームでブレークしたワウリンカが圧倒し、マレーとの4時間半を超えるフルセットマッチを制した。

決勝では、史上最多10度目の優勝を狙う第4シードのR・ナダル(スペイン)と第6シードのD・ティーム(オーストリア)の勝者と対戦する。

2015年以来2年ぶり2度目の優勝を狙うワウリンカは、準決勝まで1セットも落とすことなく勝ち上がっていた。

一方、マレーは2年連続2度目の決勝進出とはならなかった。

tennis365.net

最終更新:6/10(土) 0:38
tennis365.net