ここから本文です

【インタビュー】藤原竜也、俳優生活20年に「常に考えること」が演じることへのモチベーションと語る!

6/10(土) 8:30配信

トレンドニュース(GYAO)

1997年の舞台「身毒丸」でデビューを飾って以来、今年で俳優生活20年を迎える藤原竜也。映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』(6月10日公開)では、カリスマ性を誇る連続殺人犯・曾根崎雅人という難役を圧倒的な存在感で演じているが、「いまが一番楽といえば楽かもしれない」と胸の内を明かす。そんな藤原がこれまでの20年、そしてこれからの未来を語った。

【劇場予告編】『22年目の告白―私が殺人犯です―』>>

■入江悠監督と大作での共演に「感慨深い」

――謎が謎を呼ぶ重厚なサスペンスの主演を務めることになりましたね。

藤原: 元となる作品はありますが、入江(悠)監督が日本の社会に置き換えて、法改正の史実に基づき、すごくうまく考えた作品になっていますよね。本当に「入江監督はすごいな!」って思える映画になっています。

――これまでいろいろな作品に出演していますが、伊藤英明さんや仲村トオルさんとは初顔合わせなんですね。

藤原: そうなんです。第一線級で活躍している人たちと仕事をするのって疲れる部分もあるのですが、すごく面白いし、現場ってこうあるべきだなって気づかされます。伊藤さんは的確な意見を持って現場に入ってくる方で、自分の中で一つ一つ納得して役柄に向き合っていましたね。もっといえば、客観的に作品全体を捉えていて、僕らも気づかないような深い台本の読み方をして現場に入っていたので、僕自身も救われた部分が多かったです。一方、トオルさんは『ビー・バップ・ハイスクール』や『あぶない刑事』を見させてもらっていた世代なので、こうして共演できるのがすごく不思議な感じでした。

――本作で演じた曾根崎というキャラクターは、非常に多面的で藤原さんの俳優としての表現力に圧倒されました。

藤原: 入江監督に良い導き方をしていただきました。いろいろな社会問題もしっかりキャラクターに投げかけてくれましたし、テンポも良く撮っていただけたからだと思います。監督とは若いころにテレビドラマでご一緒したことがありますが『映画を撮りたいって思えば思うほど遠ざかっていくんだよね』と話されていたんです。だからこそ、こうして大作でご一緒できるのはすごく感慨深いですよね。

1/3ページ