ここから本文です

親が休めるときに子どもを休ませてほしい…「キッズウィーク」に対する苦言

6/10(土) 11:30配信

ホウドウキョク

キッズウィークとは?

安倍首相は5月24日、政府の教育再生実行会議で、2018年から学校の長期休暇の一部を別の時期にずらし、連休を分散する「キッズウィーク」を導入すると表明した。

「キッズウィーク」の問題点について動画で見る

たとえば、5日間を他の週の月~金曜に移すと、前後の土日と合わせ、学校は9連休となる。

SNS上には厳しい意見が多い

導入の理由は、親子の時間を増やすこと、有給休暇の消化を促進すること、レジャー施設の混雑解消など。

しかし、ここ20年で共働き世帯は増加し、日本は国際的に有休消化率が低い。こうしたことから、SNS上では「有休を取りやすい環境づくりが先」「有休をいつとるか、国に指示されるものじゃない」「プレミアムフライデーの二の舞」などと厳しい声があがっている。

親が休めるときに子どもを休ませてほしい

松浦茂樹(スマートニュース)
キッズウィークにあなたは賛成ですか?反対ですか?というかたちで問いかけたところ、スマートニュース上でもアクセスが集まって、その後もソーシャルも含めて、このネタは盛り上がっています。キッズウィーク、いかがですか?

三浦瑠麗
私が思ったのは、親が休めるときに子どもを休ませてほしい。やっぱり、日本の学校ってうるさく言うじゃないですか。私立なんて絶対に無理だろうし、公立でも苦言を呈されるんじゃないかって思っているんですけど。

ただ、親って有休をばらして取るわけで、お盆じゃないときに旅行に行って、そこに子どもを連れて行くって、すごく大事な社会経験だろうなぁって思っています。

松浦
そうなんですよね。キッズウィークはある一定期間だけ、みんなでまとめて移動みたいな、プレミアムフライデーもそうなんですけど、特定の日に休みを取らせるかたち。枠固定だからやりやすいのかもしれないですけど、枠は動かせる方がいいんじゃないのっていう意見はソーシャル上にも出ていますね。

もう勉強はいらない

松村未央アナウンサー
学校側としては、授業についていけないとか、休みを取っちゃうとその子どもがテストを受けられないとか、そういうのがありますし、会社側も休めるのかなっていうのはありますよね。

三浦
私はもう勉強はいらないと思う。

松村
勉強はいらないですか?

三浦
勉強はいらない。勉強しても、頭はよくならないし。

松村
じゃあ、どうしたらいいですか?

三浦
やっぱり、いろんな世界を知るっていうことですね。たとえば、いじめに苦しんでいる子の典型例は社会が閉じていて、別の社会を知らない。いろんな世界を見ておかないと、大変なことになりますね。日本のお受験社会は。都会の子が親と一緒に、1週間とか、それこそ9日間、ファームステイ(外国の農場・牧場に数日間宿泊し、農場生活を体験すること)に行くとか。そうすると、人生が変わると思うし。そのためには中間テストとか、どうでもいいでしょ?

松浦
そうですね。そこが学校の難しいところで、スケジュールがきちきちに決まっているからこそ、普段の何もない月火水ならまだしも、中間テストは確かに休みづらいですね。でも、そこすらも変えていかないと…。

三浦
そう思いますよ、私は。

1/2ページ

最終更新:6/10(土) 11:30
ホウドウキョク