ここから本文です

【バレー】柳田のサーブでマッチポイントから大逆転 スロベニアにフルセット勝利

6/10(土) 23:25配信

バレーボールマガジン

 全日本男子は10日、群馬県高崎アリーナでワールドリーグ第5戦目を戦い、スロベニアにフルセットで勝利した。石川祐希を休ませ、山田脩造がサイドに入っての試合。フルセットまでもつれ込み、最終セットも先にスロベニアにマッチポイントを握られた。柳田のサーブでエース2本と逆転。最後は山田のタッチアウトで接戦をものにした。

 最終セット、相手マッチポイントで迎えた柳田のサーブの前に、スロベニアはタイムアウトを取った。このことが逆に柳田に「十分時間をもらった感じでした」。柳田はこの試合サービスエース5本、スパイクでも14得点で決定率58%、チーム最多得点の活躍。

 11日は韓国と対戦する。