ここから本文です

太平洋クロマグロ 小型魚の漁獲量、上限の7割超す 青森県が注意報

6/10(土) 11:43配信

デーリー東北新聞社

 資源回復を図って国際的に漁獲を制限している太平洋クロマグロを巡り、青森県は9日、小型魚(30キロ未満)について、県内の太平洋海域での定置網による漁獲量が7日時点で上限の7割を超えたとして注意報を発令した。

 県によると、沿岸漁業の第2管理期間(2016年7月~17年6月)の間、県内太平洋沿岸で定置網を使った小型マグロの漁獲量は30・3トンと定められているものの、7日現在で22・7トンに達した。

 9日、県は関係26漁協に文書で注意報を通知。10キロ未満の生存個体を再放流することや休漁日の設定など、県計画に沿った取り組みの徹底を呼び掛けた。

 太平洋クロマグロの小型魚について国は、15年から漁獲を制限している。

デーリー東北新聞社

Yahoo!ニュースからのお知らせ