ここから本文です

ワウリンカ「だから彼は世界1位なんだ」 王者マレーを称賛<男子テニス>

6/10(土) 6:44配信

tennis365.net

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は9日、男子シングルス準決勝が行われ、2年ぶり2度目の決勝進出を果たした第3シードのS・ワウリンカ(スイス)は試合後の会見で、対戦した第1シードのA・マレー(英国)を称賛した。

【ナダルvsワウリンカ 1ポイント速報】

この日、セットカウント1-2とリードされる中、最後は得意のバックハンドのダウン・ザ・ラインを決めて4時間34分の激闘に終止符を打ったワウリンカは「集中し続け、戦い続ける必要があった。第1セットも第3セットもチャンスはあった。劣勢に立たされても前向きな気持ちでいた。こうして活路を見出せて本当に嬉しい」と振り返った。

ワウリンカは第1セットの第9ゲームでサービング・フォー・ザ・セットを迎えたが、マレーにブレークバックを許した。第3セットはゲームカウント3-0とリードするも、マレーのカウンターショットに苦しんだワウリンカは「試合の主導権を握っても、彼(マレー)は諦めずに向かってくる。信じられない守りを見せていた。だから彼は世界1位なんだ」と明かした。

「今日の試合は、精神的にタフだった。風があったから、自分の最高のテニスをするのは簡単ではなかった。それでも、コートでのプレーには満足している。例えポイントを失っても、攻撃的な姿勢を貫いた。戦い続け、前へ向かって進み続けた。試合を楽しんでいた」

決勝では、史上最多10度目の優勝を狙う第4シードのR・ナダル(スペイン)と対戦する。ナダルは準決勝で、第6シードのD・ティーム(オーストリア)をストレートで退けての勝ち上がり。

tennis365.net

最終更新:6/10(土) 6:44
tennis365.net