ここから本文です

安全で進化した日野の大型観光バス

6/10(土) 19:30配信

ニュースイッチ

「セレガ」を改良、対人検知ブレーキを搭載

 日野自動車は大型観光バス「日野セレガ」に対人検知が可能な衝突被害軽減ブレーキ「PCS」を標準搭載して7月3日に発売する。すでに標準搭載する車線逸脱警報や車両安定制御システム「VSC」と合わせることで安全性能を高めた。東京地区希望小売価格は、一般観光向け11列の代表車型で4481万5000円(消費税抜き)。日野セレガシリーズ全体で年間1000台の販売を目指す。

 改良した日野セレガには、機械式自動変速機(AMT)「プロシフト」搭載車型を設定した。ショートボディー車(9メートル)は変速機を7速AMT「プロシフト7」を採用。ダイヤル式ギアセレクターをインパネに設置するなどして、手動による変速操作も楽にできる。すべての車型をエンジン制御や排出ガス後処理装置の改良により、2016年排出ガス規制に適合させた。

 また通信により車両情報を日野自に送るICTサービス機能を装備。車両トラブル時の位置情報の把握に役立つ。車両データに基づいた運転状況を顧客にリポート形式で提出することもできる。

最終更新:6/10(土) 19:30
ニュースイッチ