ここから本文です

電車のブレーキ音…線路に高齢男性、近くの親子が保護 杉戸署が表彰

6/10(土) 10:31配信

埼玉新聞

 線路上にいた高齢の男性を救出したとして、埼玉県の杉戸署は5日、宮代町中島で飲食店「ひさや」を経営する久保省作さん(74)と息子の安夫さん(46)に感謝状を贈った。
 
 久保省作さんは5月20日午前10時半ごろ、開店前の仕込みをしている最中、近くを走る東武線でブレーキ音を聞き、外に出たところ、線路を歩いている70代の男性を発見。男性を連れ出して保護し、警察に引き渡した。男性にけがはなかった。
 
 感謝状を手にした久保省作さんは当時を振り返り、「たいしたことはしていない。大事になっちゃった」と照れ笑いを見せていた。

最終更新:6/10(土) 10:31
埼玉新聞