ここから本文です

ジュニア男子はポピュリンとクーンが決勝に進出 [全仏テニス]

6/10(土) 10:04配信

THE TENNIS DAILY

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月28日~6月11日/クレーコート)の大会13日目はジュニアの部の男子シングルス準決勝が行われ、第3シードのアレクセイ・ポピュリン(オーストラリア)と第11シードのニコラ・クーン(スペイン)が決勝進出を決めた。

宮本愛弓/ワン・シユは前年準優勝ペアに敗れて決勝進出ならず [全仏オープン・ジュニア]

 ポピュリンがアレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)を6-4 6-2で、クーンは第1シードのミオミール・ケマノビッチ(セルビア)を7-6(5) 2-6 7-6(4)で破っての勝ち上がり。

 ダブルス準決勝も行われ、第1シードのクーン/ソンボル・ピロシュ(ハンガリー)とバシル・ キルコフ/ダニー・トーマス(ともにアメリカ)が決勝に勝ち進んでいる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

【ジュニア男子シングルス準決勝】

○25ニコラ・クーン(スペイン)[11] 7-6(5) 2-6 7-6(4) ●1ミオミール・ケマノビッチ(セルビア)[1]

○48アレクセイ・ポピュリン(オーストラリア)[3] 6-4 6-2 ●58アレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)

--------------------

【ジュニア男子ダブルス準決勝】

○1ニコラ・クーン/ソンボル・ピロシュ(スペイン/ハンガリー)[1] 6-4 6-4 ●10サム・リフィス/ジャンニ・ロス(アメリカ)

○30バシル・ キルコフ/ダニー・トーマス(アメリカ)6-3 2-6 [10-8] ●24ユリィ・ラディオノフ/Michael VRBENSKY(オーストリア/チェコ)[4]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:PARIS, FRANCE - JUNE 09: Nicola Kuhn of Spain celebrates during boys singles semi-final match against Miomir Kecmanovic of Serbia on day thirteen of the 2017 French Open at Roland Garros on June 9, 2017 in Paris, France. (Photo by Adam Pretty/Getty Images)

最終更新:6/10(土) 10:04
THE TENNIS DAILY