ここから本文です

スポーツ長者番付 1位はC・ロナウドで約102億円、T・ウッズは約40億で17位

6/10(土) 8:00配信

AbemaTIMES

 アメリカの経済誌・フォーブスは6月7日、2016年6月から1年間に得た賞金やスポンサー収入などから、スポーツ選手の長者番付上位100位を発表した。

 1位は去年に続いて、レアルマドリード所属のクリスティアーノ・ロナウド選手で約102億円(9300万ドル、1ドル=109円60銭換算)を稼ぎ出した。内訳は年俸・ボーナス合わせて約64億円(5800万ドル)、スポンサー収入が約38億円(3500万ドル)となっている。

 日本人トップは、テニスの錦織圭選手が約37億円(3390万ドル)で26位に入り、去年の29位からランクアップした。メジャーリーグ・ヤンキースの田中将大投手は約25億円(2300万ドル)で75位。

 女性ではただ1人、テニスのセリーナ・ウィリアムズ選手が約29億6000万円(2700万ドル)で51位に入った。また、違法運転の容疑で逮捕されたゴルフのタイガー・ウッズ選手は約40億円(3710万ドル)で17位だった。

(AbemaTV/『原宿アベニュー』より)

最終更新:6/10(土) 8:00
AbemaTIMES