ここから本文です

「カシオペア」9月復活 JR、7月から「青函観光キャンペーン」

6/10(土) 12:18配信

デーリー東北新聞社

 7月1日から始まる「青森県・函館観光キャンペーン」を前に、JR東日本とJR北海道は9日、青森市で開かれた同キャンペーン推進委員会で、期間中に運行するイベント列車などの概要を明らかにした。9月30日に青森―上野間で寝台特急「カシオペア」を復活運行させるほか、7月16日に大湊―弘前間で沿線の食や地酒を車内で楽しむ「沿線うまいもん号」を走らせる。

 9月16日から1泊2日の日程で、八戸から「リゾートあすなろ」やフェリーなどを乗り継いで県内と道南を巡る「青函縦断クイズ列車の旅」を実施する。9月23~24日には、群馬県を中心に運行される「リゾートやまどり」を弘前―秋田間で運行する。

 旅行商品では、八戸市の横丁を巡るツアーや、八戸三社大祭の山車引き体験を盛り込んだ商品などを売り出す。

 同キャンペーンは北海道新幹線開業に合わせて昨年実施した「青森県・函館デスティネーションキャンペーン(青函DC)」の後継企画。期間は7月1日~9月30日で、初日はJR青森駅でオープニングイベントを行う。

デーリー東北新聞社