ここから本文です

カナダGP名物の“イカダレース“が復活。チームが“覇権“を競う!

6/10(土) 12:14配信

motorsport.com 日本版

 カナダGPの舞台であるジル・ビルヌーブ・サーキットのパドック横には、モントリオール五輪の際に使われたボート会場が広がっている。この”湖”では、かつてF1チームのメカニックたちによる、熱いバトルが繰り広げられていた。当時はカナダGPの風物詩のひとつともなっていた”イカダレース”である。

【写真】水路を渡って”通勤”するのも、カナダGPの風物詩

 1990年代までは、毎年カナダGPの際にこのイカダレースが開催され、メカニックたちが”真剣勝負”を繰り広げてきた。しかしF1が企業化され、メカニックたちの仕事量が増えるにつれ、その手のイベントも開催されなくなっていった。

 しかし今年、F1の新オーナーであるリバティ・メディア主導の下、このイカダレースが復活することになった。このレースは、土曜日の午後7時に開催される予定である。

 以前のイカダレースとの違いは、チームが独自にマシン(=イカダ)を用意するわけではないという点だ。代わりに、各チームにはイカダ製作用のキットが与えられ、これを基に”マシン”を組み上げることになる。

 このイカダレースには、全チームが出席する様に求められているが、チャンピオンシップを争うメルセデスやフェラーリなど、いくつかのチームは参加しないという。

Jonathan Noble