ここから本文です

マレー 試合中に陣営を見るのは「プレッシャーから開放される」<男子テニス>

6/10(土) 17:05配信

tennis365.net

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は9日、男子シングルス準決勝が行われ、第1シードのA・マレー(英国)は第3シードのS・ワウリンカ(スイス)に7-6 (8-6), 3-6, 7-5, 6-7 (3-7), 1-6のフルセットで敗れ、惜しくも2年連続の決勝進出とはならなかった。

【ナダルvsワウリンカ 1ポイント速報】

この日、第1セットを先取したマレーは、第2セットの終盤から第3セットの序盤にかけてワウリンカに7ゲームを連取された。

「あの時は自分のテニスを少し見失っていた。これだけの長い試合では、上手くボールが打てない時もある。そんなアップダウンは予想していた。スタン(ワウリンカ)も良いプレーをしていた」

4時間34分におよぶ激闘に敗れたマレーは、記者から「なぜファミリー・ボックスへ向けてジェスチャーをするのか?」問われ「きっと、それがプレッシャーから開放される方法だと思う。15,000人もの観客の中で知った顔は、ほんの数人。ストレスを感じている時は、陣営を見てしまう。良いプレーでポイントを取った時もそうする。選手は身近な人の顔を見ることでリラックスしたりしている」と明かした。

昨年の後半に比べて、今年は不調と囁かれていたマレーだが「どれほどベストへ近づいたかは分からない。良いプレーをしていても全ての試合に勝てるわけではない。けど、グランドスラムの決勝まであと一歩のところまで来れたのは、良いプレーをしていたということ」と完全復活を予感させた。

一方、2年ぶり2度目の決勝進出を果たしたワウリンカは、決勝で史上最多10度目の優勝を狙う第4シードのR・ナダル(スペイン)と対戦する。ナダルは準決勝で第6シードのD・ティーム(オーストリア)をストレートで破っての勝ち上がり。

tennis365.net

最終更新:6/10(土) 17:52
tennis365.net