ここから本文です

ケイン主将でダービー勝利へ 23歳にしてイングランド率いる

6/10(土) 23:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

スコットランドとのダービー戦

イングランド代表は10日、ワールドカップ欧州予選でスコットランドと対戦する。W杯予選ではあるがそれ以上にダービーともなれば激しさは一層増す。

しかし現在のイングランド代表は、ウェイン・ルーニーの落選やスティーブン・ジェラード氏の引退に伴い絶対的なリーダーが欠けている。トッテナムのエースであるハリー・ケインは、自ら代表のキャプテンに名乗り出ており、チームを引っ張ることに自信を抱いていた。ガレス・サウスゲート監督はケインをキャプテンに任命し、スコットランド戦に挑むことを明言している。同監督は試合前の公式記者会見で語った。

「ハリー・ケインは、土曜日キャプテンとしてプレイするよ。リーダーシップについては共有している。それは重要なことだ。人々はリーダーが欠けているというが、そうは思わないよ。彼はとても喜んでいた。とても情熱のある選手で、彼は今良い状態にある。シーズンも素晴らしい形で終えた。我々は彼のメンタリティを知っている。それに彼は世界一の選手になりたいと思っているしね」

アームバンドを巻くことは、自分だけでなくチーム全員を引っ張っていかなければならないことを意味する。また代表ともなれば責任や重要さは増す。ケインはそのプレッシャーに打ち勝ち、見事チームを勝利に導くことはできるだろうか。

https://www.theworldmagazine.jp