ここから本文です

パの本塁打王争いが熱い!? タイトル獲得へ、盛り上げる3人の和製大砲

6/10(土) 12:17配信

Full-Count

昨年はレアードが本塁打王に、2年ぶりの日本人キング誕生なるか

 2004年から2012年まで9年連続で、パ・リーグの「本塁打王」のタイトルは日本人選手が獲得していた。しかし、昨季は北海道日本ハムのレアードがその栄誉に輝き、埼玉西武のメヒアが次点につけた。現在、一振りで戦況をひっくり返す「主砲」の代名詞は、多くの場合、外国人選手のものであると言えるだろう。ただ、ここにきて3人の和製大砲が、今季の本塁打王争いに堂々名乗りを上げている。

【画像】オールスターゲーム2017 ポジション別ファン投票中間発表結果

 その3人のうちの1人は、2015年の本塁打王で、2年ぶりの王座奪還を目指す埼玉西武・中村だ。昨季は怪我に悩まされて思うような結果が残せず、オフの契約更改ではシーズンの成績に対して「最低最悪」と、自ら厳しい評価を下した。

 これまで以上に強い気持ちで今季に臨んだ中村は、球団記録となる「開幕から17試合連続安打」を放つなど、申し分のない好スタートを切る。その後も順調に本塁打数を伸ばし、すでに2桁本塁打に到達。そのうち2試合で“おかわり”本塁打も披露。前を打つ浅村とともに、埼玉西武打線を牽引している。では、そんな中村の昨季と今季の成績を比較してみよう。

※今季の成績は全て6月9日終了時点のもの

【中村の打撃成績】 
2016年:108試合 387打数 92安打 21本塁打 61打点 打率.238
2017年:52試合 202打数 46安打 13本塁打 42打点 打率.228

 今季の中村の成績で特筆すべきは、なんと言っても三振の少なさだろう。昨季は125三振を喫し三振率は.323となっていたが、今季はここまで202打数で52三振。三振率は.257と改善されている。

 現在の打率は2割3分前後と、決して高い数字であるとは言えないが、一振りでチームの流れや雰囲気を覆すことできるパワーが中村にはある。過去、規定打席に到達した年は、すべて本塁打王を獲得しているように、今季もこのまま怪我なくシーズンを過ごしていければおのずと結果はついてくるだろう。自身7回目となる本塁打王獲得となるか、中村のバッティングに注目していきたい。

1/2ページ

最終更新:6/10(土) 13:02
Full-Count

スポーツナビ 野球情報