ここから本文です

【MLB】前田健太プロ初セーブ キャリア2度目&3311日ぶり救援登板で4回1失点6K

6/10(土) 14:13配信

Full-Count

開幕から苦戦で配置転換、6回から2番手でマウンドへ上がり快投

 ドジャースの前田健太投手が9日(日本時間10日)、本拠地レッズ戦で中継ぎに配置転換後、初めて登板した。救援登板はプロ入り2度目。広島2年目の2008年5月16日・巨人戦以来、実に3311日ぶりとなったが、4回3安打1失点6奪三振の快投で日米通じてプロ初セーブをマーク。ドジャースは7-2で快勝した。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 前田は5点リードの6回、先発ヒルの後を継いでマウンドへ。先頭ボットは遊ゴロ。シフトで三塁付近を守っていた遊撃手のシーガーが処理した。続くスアレスはスライダーで空振り三振。シェブラーも92マイル(約148キロ)の速球で空振り三振に仕留めた。

 7回は先頭ギブルハンをスライダーで空振り三振。ペラーザを遊ゴロに打ち取ると、バーンハートは92マイルの速球で空振り三振。その裏には先頭で打席に立ち、左飛に倒れると、8回もマウンドに上がった。アルカンタラを空振り三振に切って取ると、ハミルトンは一ゴロ。コザートは二飛に仕留めた。

 9回も続投し、先頭ボットのソロホームランで1失点。その後、2死から2本のヒットを浴びたもの、最後はバーンハートを左飛に仕留めて日本時代も含めてプロ初のセーブをマーク。ドジャースは7-2で勝利した。

 前田はメジャー2年目の今季、開幕10試合で4勝3敗、防御率5.16と苦戦。52回1/3とイニング数も稼げず、4日(同5日)のブルワーズ戦に登板後、ロバーツ監督が先発ローテーションから外して中継ぎで起用することを明かしていた。

 この日は60球を投げてストライクは42球。防御率は4.95となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/10(土) 17:55
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ