ここから本文です

オレオレ詐欺で4400万円被害 25歳の男を逮捕

6/10(土) 20:00配信

AbemaTIMES

 息子などを装って、高齢女性に嘘の電話をかけ現金4400万円をだまし取ったとして安部仁康容疑者(25)が逮捕された。

 安部容疑者は今年1月、すでに逮捕されている19歳の少年らと共謀して、千葉・習志野市に住む83歳の女性に「会社の金を使い込んだ。金を用立てないと大変なことになる」などと息子や税理士を装って電話をかけ、現金4400万円をだまし取った疑いがもたれている。

 警視庁によると19歳の少年が息子の同僚を装って女性から金を受け取る役で、受け取った金を安部容疑者に渡したという。取り調べに対し少年は「報酬が欲しかった」と容疑を認めているが、安部容疑者は否認している。警視庁は安部容疑者らが同様の手口で他にも高齢女性4人から計1000万円ほどをだまし取ったとみて、余罪を調べている。

 警視庁の統計によると平成28年はオレオレ詐欺の被害総額が7年ぶりに減少したが、それでも被害総額は150億円以上と被害は後を絶たない。

 最近の手口としては「上京詐欺」というものがあり、息子や孫を装い「仕事の取引で使うお金を無くしたので、すぐにお金を東京に持ってきてほしい」と連絡。電話で慣れない土地に被害者を呼び出し、戸惑っているうちに現金の受け渡しをさせる手口だ。またオリンピック関連企業への投資を呼びかける「オリンピック詐欺」も増加している。

(AbemaTV/原宿アベニューより)

最終更新:6/10(土) 20:00
AbemaTIMES