ここから本文です

【MLB】日米通じて初セーブの前田健太、心境を吐露「またローテに戻れるように」

6/10(土) 18:48配信

Full-Count

4回3安打1失点6奪三振の快投、「前向きにやるしかない」

 ドジャースの前田健太投手は9日(日本時間10日)、本拠地レッズ戦で日米通じて初のセーブを挙げた。広島2年目の2008年5月16日・巨人戦以来、実に3311日ぶり2度目の救援登板で、4回3安打1失点6奪三振の快投。ドジャースは7-2で勝利した。右腕は試合後、「前向きにやるしかない」と心境を吐露している。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 前田は5点リードの6回から登板すると、8回までの3イニングは1人の走者も出さず5三振を奪うパーフェクト投球。9回は先頭ボットに初ヒットとなるソロ本塁打を浴びると、2死後に2安打を許して一、三塁とされたものの、最後はバーンハートを左飛に仕留め、日米通じて初のセーブをマークした。

 2年目の今季は先発として開幕10試合で4勝3敗、防御率5.16と苦しみ、配置転換となっていた前田。救援として初の登板で、見事に結果を残した。米メディアによると、デイブ・ロバーツ監督は試合後に中継ぎ起用の継続を明かしたというが、右腕は自身のインスタグラムで先発復帰への思いを明かしている。

「今日はリリーフで登板しました。4回1失点。またローテーションに戻れるように頑張ります。前向きにやるしかない」

 プロ入り後、救援登板はデビュー2戦目の2008年5月16日・巨人戦のみだった右腕。先発復帰へ、結果を残し続けるしかない。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/10(土) 18:48
Full-Count

Yahoo!ニュースからのお知らせ