ここから本文です

北朝鮮「ICBM発射遠くない」

6/10(土) 18:53配信

ホウドウキョク

「ICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射は遠くない」と、技術力向上を強調した。
北朝鮮の労働新聞は、10日付の論説で、「最近われわれが行った実験で、ICBMを発射実験する時期は、決して遠くないことを明確に確認した」と主張した。
さらに、「ニューヨークまでの距離は1万400kmと、決して遠い距離ではない」と、アメリカ全土が射程に入っていることを強調した。
特に、5月14日に行った中距離弾道ミサイル「火星12型」が、高度2,000kmを超え、大気圏再突入技術などICBM開発に必要な先端技術全てを手に入れたと、最近のミサイル実験の成果を指摘し、「最高指導者が決めた任意の時刻に必ず飛び立つ」としている。

最終更新:6/10(土) 18:53
ホウドウキョク