ここから本文です

古里1号機、永久停止が確定…脱原発に“青信号”

6/10(土) 19:44配信

ハンギョレ新聞

原案委の決議…18日午前零時に稼動止める 国内初の原発として40年間稼動 10年の寿命延長の末、国内で初めて廃炉へ

 韓国で最初に造られた原子力発電所の古里(コリ)1号機の永久停止が最終確定した。国内の原子力発電所のうち、初めて廃炉の手続きを踏む古里1号機の退役が、原子力発電所を中心とする既存のエネルギー政策に手を入れる「信号弾」となるかに関心が集まっている。特に「原発政策の全面見直し」を公約した文在寅(ムン・ジェイン)政府が、今後どれほど積極的に脱原発政策を進めていくのかが注目される。

 原子力安全委員会(原安委)は9日午前、会議を開き、韓国水力原子力(韓水原)が出した古里1号機の「永久停止運営変更許可案」について原案通り議決した。原安委は、「会議で使用済み核燃料貯蔵プール、非常電力、放射性廃棄物処理システムなど、永久停止の後に運営する設備の安全性について集中的に検討し、その結果、古里1号機が永久停止の後にも安全に維持・管理できるという点を確認した」と明らかにした。この日の原安委の決定は、古里1号機の永久停止に必要な原発規制機関の最終承認であり、韓水原は18日午前零時から原子炉の稼動を止めなければならない。

 古里1号機の永久停止は既に予見されていた。2015年6月12日、産業部の国家エネルギー委員会が古里1号機の経済性などを理由に永久停止を勧告しており、5日後に韓水原は理事会を開き、古里1号機の継続運転を申請しないことに決定した。9日の原安委の決定は、韓水原が2016年6月24日に提出した永久停止運営変更許可案に対する答弁で、韓国原子力安全技術院(KINS)が過去1年間、安全性などについて審査を行ってきた内容も反映された。

 米国のウェスティングハウスの技術で造った古里1号機は、韓国に初めて持ち込まれた原子力発電所で、1978年4月29日に商業運転を開始した。当時、設計寿命を30年に決めたが、2007年12月、教育科学技術部が韓水原が10年間運営を延ばしてほしいとして提出した継続運転申請を受け入れ、今まで運営を行ってきた。当時、釜山(プサン)を中心とした市民社会団体と住民たちは、古里1号機が安全性を確保できていないまま寿命の延長が行われたと批判しており、2011年の日本の福島原子力発電所事故が起きた後も、安全性に対する懸念が絶えず、「2回目の寿命の延長を阻止しなければならない」という声が続いた。

キム・ソンファン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

最終更新:6/10(土) 19:45
ハンギョレ新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ