ここから本文です

本物を運転したよ! 「ポートラム」体験会

6/10(土) 21:48配信

北日本新聞

 富山ライトレールの車両「ポートラム」の運転体験会が10日、富山市城川原の富山ライトレール車両基地で行われ、鉄道ファンが夢のようなひとときを楽しんだ。

 6月10日の路面電車の日に合わせて企画。毎回多くの応募があり、県内の小学生のほか、東京や兵庫など県外から訪れる大人の鉄道ファンもおり計23人が体験した。

 車内ではまず運転士の制服を着て準備。憧れの運転席に移ると、ベテラン運転士と一緒にハンドルレバーを握り、ペダルを踏んで警笛を鳴らしてから、基地内の120メートルを往復した。車両基地も見学し、車両の下に入ったり、上から見下ろしたりして観察。ブレーキが掛かる様子や車輪も間近に見せてもらい、参加者は熱心に写真を撮っていた。

 幼稚園の時から電車が好きで県内各地の電車に乗っているという同市水橋西部小学校5年の土地爽太君(10)は「自分の手で電車を動かすことができてとても楽しかった。車両を低くするための工夫も分かった。将来は電車の運転士になりたい」と話していた。

北日本新聞社

最終更新:6/10(土) 21:48
北日本新聞