ここから本文です

中日、痛恨の逆転負けで3連敗 ドラ1柳のプロ初勝利が一転、4失点で2敗目

6/10(土) 16:57配信

ベースボールキング

○ オリックス 5 - 3 中日 ●
<2回戦 京セラD大阪>

 オリックスがシーソーゲームを制し、交流戦首位の座をキープ。対する中日は逆転負けで3連敗を喫し、8回途中4失点の先発・柳が負け投手となった。

 中日は0-2で迎えた7回、ここまで2安打に封じられていたオリックス先発・松葉から、4番ビシエド、5番ゲレーロが連続本塁打を放ち同点。さらに、二塁打を放った6番藤井が内野ゴロで三塁へ進むと、代打・亀沢がオリックスの2番手・近藤から中前適時打を放ち一気に逆転に成功した。

 プロ入り2度目の先発となった柳は、2者連続三振のスタートを切るなど、3回までパーフェクト投球。4回に1番マレーロにソロ被弾、5回は内野ゴロの間に2点目を失ったが、中盤以降も落ち着いたマウンド捌きが光った。

 打線に逆転してもらった直後の7回も零封。球数も少なく8回のマウンドにも登ったが、先頭打者の代打・西野に二塁打を浴びたあと、続くマレーロには四球。そして2番安達に送りバントを決められたところで降板となった。

 一死二、三塁のピンチで登板したのは、前日の試合で2回1/3を投げていた伊藤。今シーズン中継ぎで好投を続けていた右腕だったが、3番中島に逆転となる2点適時二塁打を許し、柳のプロ初勝利は消滅した。

 伊藤は4番ロメロにも右前打を許したあと、5番小谷野には右犠飛を許し3-5。中日はそのまま敗れ、8回途中4失点の柳は自身2連敗となった。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/28(水) 12:35