ここから本文です

マンCのシルバ、来シーズンは成功を約束…監督や新加入選手について語る

6/10(土) 15:22配信

SOCCER KING

 マンチェスター・Cの攻撃陣をけん引する、スペイン代表MFダビド・シルバが今シーズンを振り返った。イギリスメディア『インディペンデント』が9日付けで伝えた。

 現在スペインのグラン・カナリア島でバカンスを過ごしているシルバの顔は、晴れやかな笑顔ではなかったという。

「勝利を得られなければ、その日の終わりに良いシーズンだったとは言えないんだ」と簡潔に答えたシルバ。今シーズンのプレミアリーグはチェルシーの優勝で幕を閉じた。優勝候補と目されながらチェルシーと勝点「15」差の3位でフィニッシュしたマンチェスター・C。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権は手にしたものの、今シーズンのCLも決勝トーナメント1回戦でモナコに敗退。

 約2億ポンド(約280億円)を昨夏の移籍市場で投資し、バルセロナとバイエルンで数々の栄光を獲得してきたジョゼップ・グアルディオラ監督を招へいして臨んだ今シーズンは無冠に終わった。しかしシルバを始めマンチェスター・Cの選手たちは早くも来シーズンの活躍に期待しているとした同メディア。

「彼にとって今シーズンはプレミアリーグ初シーズンだったんだ」と述べるシルバ、「いま彼は自分のイメージでチームを作っている途中だ。次のシーズンはもっと大きな可能性を秘めている。僕たちは彼のスタイルとやり方をしているし、クラブは彼の望む選手と契約するだろう。もっとよくなると思うよ」とコメント。

「彼について良いことを語ってきた。彼は期待に応えてくれるよ。僕が見てきた中で彼はベストの監督だからね」とグアルディオラ監督に対しての信頼を語った。続けてグアルディオラ監督の指導方法について聞かれると、笑みをこぼしながら「彼の練習は本当にハードなんだ! 彼はみんなに発破をかける、でもそれはトップレベルにいくためには重要なことだよ」と指揮官の練習についても言及。

 シルバは今シーズン同監督のもとで公式戦45試合に出場、8ゴール11アシストを記録。MFの位置でベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネとともに指揮官のサッカーを体現しようとした。そして先日行われたマンチェスター・Cの年間最優秀選手に輝いたシルバは「誇り高いことだ」とコメント。前監督のマヌエル・ペジェグリーニ氏からプレースタイルが変更されたが「監督は僕にヒントを与えてくれている。それは彼の中で確実なメソッドがあるからだろう。でも僕は自分のスタイルを変えることはない、自分の良さをチームの中に落とし込むだけだ」とした。

 すでに加入が決まっているポルトガル代表MFベルナルド・シルヴァはダビド・シルバとプレースタイルも似ており同じ左利きということもあって期待されている。ベルナルドは同選手に対して「世界最高の選手の一人」と称賛。シルバもまた「彼はとても良いプレーヤーだ。僕たちの助けになってくれることだろう。僕たちがCLで彼と戦ったとき、彼はモナコを助けていた。僕と同じ左利きで、ピッチを走り回っていたよね。若くてハングリー精神のある良い選手と僕たちは契約できたよ」と賛辞を送った。

 最後に同選手は「僕たちはすでに来シーズンのCLについて話し合っている。それから他の試合のこともね。たくさんの試合が待っているけど、31歳の年は素晴らしいものにしたいね」と意気込んだ。

SOCCER KING

最終更新:6/10(土) 15:22
SOCCER KING