ここから本文です

C大阪庄司がJ2金沢へ育成型期限付き移籍

6/10(土) 17:33配信

日刊スポーツ

 セレッソ大阪は10日、DF庄司朋乃也(ほのや、19)がJ2ツエーゲン金沢へ育成型期限付き移籍すると発表した。庄司は下部組織出身のセンターバックで、各世代別代表を経験したプロ2年目。J1ではカップ戦に3試合出場し無得点、C大阪U-23(23歳以下)としてJ3通算23試合出場し、無得点だった。

 庄司はクラブを通して「金沢でいろいろな経験を積み、成長してC大阪に帰ってきます」とコメントした。

 育成型期限付き移籍とは、18~23歳の選手が所属チームより下部カテゴリへ移籍する場合に限り、移籍期間外での期限付き移籍を可能とする制度。若手の出場機会増加を目的としている。

最終更新:6/10(土) 17:52
日刊スポーツ