ここから本文です

広島野村「残念な結果」8回途中2失点も4勝ならず

6/10(土) 17:35配信

日刊スポーツ

<日本生命セ・パ交流戦:楽天2-1広島>◇10日◇Koboパーク宮城

 広島野村祐輔投手(27)が8回、勝ち越し点を許した直後にマウンドを降りた。チームはそのまま敗れ、連勝は6でストップ。野村も7回1/3、2失点の好投も報われず2敗目を喫した。

【写真】先制適時三塁打を放ち、激走する鈴木誠也

 強力な楽天打線に真っすぐとツーシームを両サイドに投げ分け、カーブやチェンジアップで緩急を使った。だが、1点リードの5回は先頭のアマダーに甘く入った初球スライダーを左翼席に運ばれ、同点に追い付かれた。

 7回まで115球を投げ抜き、同点の8回のマウンドも志願して上がるも、1死一塁からペゲーロに左翼へ適時二塁打を浴びた。最多126球も勝利にはつながらず「チームが負けて残念な結果になった。いい投球はできたと思うけど、ただ(5回に浴びた)本塁打は初球を簡単に入り、甘くなった。反省しないといけない」と唇をかんだ。

最終更新:6/10(土) 19:11
日刊スポーツ