ここから本文です

日本ハム中田「意地でも打ちたいと」初3番で決勝打

6/10(土) 23:37配信

日刊スポーツ

<日本生命セ・パ交流戦:日本ハム3-2巨人>◇10日◇札幌ドーム

 不振にあえいでいた日本ハム中田翔内野手(28)が、逆転の2点二塁打で勝利を呼び込んだ。

【写真】恒例パフォーマンスを回避した日本ハム大田

 本来の4番から、プロ初の3番での先発出場。1点を追う8回1死二、三塁で、巨人マシソンの151キロを左中間にはじき返した。二塁上では右手でガッツポーズを披露し、喜んだ。

 直近5試合で20打数3安打と低調だったが、22打席ぶりのタイムリーが貴重な決勝打となった。「(打順変更も)いつも通り仕事をしようと思って打席に入った。意地でも打ちたいと思っていた。(栗山)監督の(通算)400勝につながってよかった」と話していた。

最終更新:6/11(日) 15:34
日刊スポーツ