ここから本文です

ソフトボール・愛媛ウエストが児童ら指導 八幡浜

6/10(土) 17:15配信

愛媛新聞ONLINE

 ソフトボール男子の日本リーグに所属する「愛媛ウエスト」(松山市)のソフトボール教室が10日、八幡浜市五反田の王子の森スタジアムであり、市内の小学生33人が技術を学んだ。
 同市で愛媛国体のソフトボール成年男子が開催されることから、機運を盛り上げようと市が開いた。
 石村寛監督(41)と選手の計20人が、身ぶり手ぶりを交え打撃や投球、守備のポイントを指導。子どもたちが鋭い打球を放つと「ナイスバッティング」「今の感じで」と声を掛けていた。
 愛媛国体で県代表の主力を担う選手らが、矢のような送球や豪快なホームランを披露すると、子どもらは「すごい」「かっこいい」などと歓声を上げた。
 神山小6年の男子児童(11)は「アドバイスが分かりやすかった。守備で打球への反応を早くしたい」と上達を誓っていた。
 石村監督は「技術も大事だが、楽しむことも大切にしてほしい」と話した。

愛媛新聞社

最終更新:6/11(日) 13:10
愛媛新聞ONLINE