ここから本文です

米アップル:新「iPhone」のデータ速度、他社に及ばず-関係者

6/10(土) 4:41配信

Bloomberg

米ベライゾンやAT&Tを含む米国の携帯電話事業者にとって、今年のスマートフォンで大きな目玉は高速データ通信だ。ネットワーク網の強化により端末でダウンロードできるデータは1秒に最大で1ギガビットとなる。これは従来の100倍のスピードだ。

しかしこの高速データ通信機能は今年発売見通しの米アップルの最新「iPhone(アイフォーン)」では当面、実現できない可能性がある。アップルの事情に詳しい関係者によると、これは単独サプライヤーへの依存を回避するというアイフォーンの部品供給管理方針が背景にある。

焦点は電話とセルラー網の接続を担うモデムだ。アップルのサプライヤーの1社であるクアルコムは1ギガビット対応のモデムを販売する。もう一つのサプライヤー、インテルは同種のモデムを現在開発中だが新アイフォーンの発売には間に合わない可能性が高い。

情報が非公開だとして匿名を条件に話した同関係者によると、アップルはインテルがクアルコムと同性能のチップを提供できるようになるまで、クアルコムのモデムを組み込んだ携帯電話の一部機能を停止させる。

アップル、インテル、クアルコムはいずれもコメントを避けた。

原題:Apple’s New IPhones Said to Miss Out on Higher-Speed Data Links(抜粋)

Ian King, Scott Moritz, Mark Gurman

最終更新:6/10(土) 4:41
Bloomberg