ここから本文です

トランプ米大統領:ロシア疑惑で宣誓証言の用意-コミー氏証言に反論

6/10(土) 8:37配信

Bloomberg

トランプ米大統領は9日、解任された米連邦捜査局(FBI)のコミー前長官は議会証言でうそをついており、コミー氏に忠誠を誓うよう要請したことはなかったと、宣誓した上で証言する用意があることを明らかにした。

トランプ氏はルーマニアのヨハニス大統領と共にホワイトハウスで開いた記者会見で、宣誓証言を行う用意が「100%」あると表明。さらに、「私はこの男をほとんど知らず、『忠誠を誓ってほしい』と言うことはない」と述べた。コミー前長官は8日、上院情報特別委員会で2016年米大統領選へのロシアの関与疑惑を巡る捜査をトランプ氏が抑え込もうとしたかどうかについて証言を行った。

トランプ大統領はコミー氏の証言によって、自分自身が大統領選を不正に操作するためにロシア政府と結託したこともなければ、連邦当局の捜査を妨害したこともなかったことが示されたと語った。トランプ氏はコミー氏を解任した直後、2人の会話を録音したテープの存在をにおわせるコメントをツイッターに投稿したが、この日の会見ではテープはないことを示唆した。

原題:Trump Says He’d Testify That Comey Lied About Loyalty Demand (1)(抜粋)

Margaret Talev, Justin Sink

最終更新:6/10(土) 8:37
Bloomberg