ここから本文です

ブラジルのテメル大統領、職務継続へ-選挙裁が不正資金利用訴え棄却

6/10(土) 14:22配信

Bloomberg

2014年の大統領選挙で不正資金が使われたとする疑惑を巡って審理していたブラジルの高等選挙裁判所は9日、不正資金が使われたとの訴えを退け、テメル大統領とルセフ前大統領の当選は有効との判断を示した。

選挙裁判所の判事7人のうち、半数を超える4人がルセフ前大統領とテメル現大統領が正副大統領として当選した14年の大統領選の際、不正な資金を受領して利用していたとする訴えを退け、両氏の当選は有効だとの判断を示した。テメル氏に不利な判断が示されれば、同氏は解任される可能性があった。ルセフ前大統領は昨年、政府会計を違法に操作したとして弾劾裁判で有罪となり、罷免され、テメル氏が大統領に昇格した。

テメル大統領には収賄など幾つかの疑惑が先月明るみに出ており、弾劾や辞任を求める声が強まっている。政治コンサルティング会社のユーラシア・グループによれば、テメル大統領が任期を全うできない確率は現在、60%から30%に低下した。

ユーラシアのジョアン・アウグスト・カストロ・ネベス氏は、「たとえ生き延びたとしても、テメル氏はリスクに見舞われ続けるだろう。灰の中から上昇する不死鳥とはならないだろう」と述べた。

原題:Temer Keeps Job as Brazil Court Nixes 2014 Election Charges (2)(抜粋)

Mario Sergio Lima, Simone Preissler Iglesias

最終更新:6/10(土) 14:22
Bloomberg